公認会計士試験合格という目標の達成したい人が見ておくべき情報をまとめて紹介していきたいと思います。

公認会計士試験合格という目標の達成のために

公認会計士資格取得に向けての大事なお話

本記事では、公認会計士試験の合格を目指す方がどんな年代でどういう目的で受験しているのかをご紹介いたします。

電卓を使用して作業をする女性会計士

公認会計士の受験者は20代から30代までの若者が中心です。

公認会計士を受験する人間のほとんどは20代から30代までの若者です。具体的に、平成24年度の合格者の割合は、20代の方が77.1%、30代の方が20.4%となっています。

しかし、公認会計士には受験するにあたって必要な条件がないので、平成24年度の受験者の最低年齢は18歳であったものの、最高年齢は59歳でした。

基本的に公認会計士は若者が就職や転職目的で受験している資格です。

受験者の年齢も受験する目的も人によってさまざまですが、基本的には大学生や大学院生の方が公認会計士を目指して受験するケースが最も多いです。

次に、若手の社会人が公認会計士に転職する目的で受験しています。

公認会計士になるためには時間がかかるので少しでも若い方が有利です。

実際に公認会計士として就職するまでは3年から5年程度の月日が必要になるので、少しでも若いうちに最初の筆記試験を突破しておいた方が賢明です。

公認会計士は、難関な筆記試験を突破した後にも、監査法人や会計を専門的に取り行っている企業で2年以上は「業務補助経験」を積む必要があります。

その後、一年に一回だけ行われる「終了考査」という筆記試験にあらためて合格することで、公認会計士として活動することができるようになります。

就職する際にも、当然、より年齢が若い方に将来性があるとみなされるので有利です。公認会計士を受験している方のほとんどが、20代から30代までの若者です。

ですから、公認会計士になることを目的として受験する場合、一日でも早く最初の筆記試験に合格しておくことが大切です。

公認会計士資格試験に向けての勉強はいつからがベスト?

公認会計士を目指すときには、高校時代、進路を決める段階で目指すことを決めるのが一番理想です。会計に強い大学に進むことができますし、十分な試験勉強の時間を確保することができるからです。

公認会計士の試験勉強ができる場所としては、専門のスクール、大学、大学院がありますが、おすすめは大学や大学院です。

授業中に手を挙げる男性

なぜ大学や大学院で学ぶのがおすすめなのか

大学や大学院で公認会計士になるための知識をつけるのがおすすめな理由は、挫折したり、あきらめたときのことがあるからです。

後ろ向きな考えのように思えますが実はとても大切なことです。国家試験の合格率が10%以下ということは、ほとんどの人は不合格ということです。

引き合い⇒公認会計士 試験

もちろん、試験は毎年行われていますから、翌年にまた挑戦するという道もありますよね。でも、それにも限界があります。公認会計士を目指す人の大半は、いつかあきらめることになるという厳しい現実があります。

その時に、専門スクールのみで試験勉強をしていた場合では、最終学歴が高卒になってしまいます。ほかの職業につこうと思っても不利な状況です。

大学や大学院を卒業したという学歴は、公認会計士以外の職業に就こうとしたときにも有利に働きますから、その後の未来のことを考えてもやはり、大学や大学院で学ぶのをおすすめします。

また、専門スクールでの知識は国家試験対策に特化している部分がありますが、大学や大学院での授業は、もっと幅広い分野での勉強になりますから、公認会計士以外の職業にも役立てることができます。

公認会計士は大学に通いながら学ぶのがベスト

以上のことから公認会計士は大学に通いながら学ぶのがベストだといえます。大学で学ぶ幅広い知識は、様々な職業に生かせるはずですよ。

更新日:

Copyright© 公認会計士試験合格という目標の達成のために , 2020 All Rights Reserved.